大瀬戸千嶋


広島県出身。
2006年、サックス奏者の大瀬戸嵩(おおせどたかし)とエレクトーン奏者の千嶋里志(ちしまさとし)が、地元広島にて結成。
千嶋が創り上げるエレクトーンの世界観と、表情豊かに奏でる大瀬戸のサックスが生み出す大瀬戸千嶋サウンドは、小さな活動から口コミで広がって行き、日本のみならず言葉の壁を越え世界へと発信されている。
歌詞のない多種多様な 2 人の音楽は、物語のように心に残り、テレビ、ラジオ、 CM などにも多数楽曲が使用されており、現在、広島テレビ “テレビ派 “番組テーマ曲や “広島県食育テーマ曲 “をはじめ、テレビ、ラジオ、 CMなどで楽曲を提供。